1991年に大阪から北海道に移住。 2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に 田舎暮らしをしながら   帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西人魂
2011年05月02日 (月) | 編集 |
なんちゃっ亭にて  

   「あっ!」 と声をあげてすぐに ちこ太郎が何やら撮影していた。


腰の高さから落とした卵であった。

見事に殻は割れてますな。  しかし黄身は割れておらず。

R0010688.jpg

ウチの店では旭山農志塾が生産する有精卵を使用している。

検索かけたら紹介してくれているブログがあった → コチラ


いい卵は黄身がしっかりしていて盛り上がっている & 白身が3層になっている。

だから  高い所から落としても割れなかった と 無理矢理こじつける。

R0010690.jpg


こんな卵をたこ焼やお好み焼に使えるってなんて贅沢~。



「父ちゃん 落とした卵を宣伝に使うって普通はやらんで」     

R0010376.jpg


「そうσ(^^;)達は普通ではないのだオトスケ君。

  卵を落としてすぐには捨てない 卵に申し訳ない & もったいない。

  こんなことをしてしまうのは転んでもただでは起きない関西人魂がそうさせるのだ!」



ブログランキングに参加してます。 下のバナーをクリックして応援してや~。
    
                      banner_22.gif ←これやで


コメント
この記事へのコメント
そうだ!そうだ!
卵を落としたことより 割れない卵がすごい!! 宣伝せな!!
2011/05/02(月) 14:27:55 | URL | たまごろう #-[ 編集]
関西人じゃないけど
わたくしは神奈川県民ですが、
白身のいちばん下の層だけ残してすくい取れないか、
本気で考えます。
フライ返しかお好み焼きのヘラで一息にサッと。

不可能なら黄身だけでも!
2011/05/03(火) 00:00:56 | URL | はやおき #-[ 編集]
たまごのゆくえ
はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
昔うちにいた黒猫は、溶き卵が大好きでした。卵焼きを作る時は、卵自体に味をつけず、フライパンに流しいれた後の残りを、いつも喜んでなめてましたっけ。だんだん、多めに卵液を残すようにしてました…。同じ黒猫のオトスケくんなら、落ちた卵を食べてくれたかも?!
2011/05/04(水) 12:50:53 | URL | 寒露 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。