1991年に大阪から北海道に移住。 2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に 田舎暮らしをしながら   帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模様替え
2011年05月25日 (水) | 編集 |
先週から春の大仕事第ニ弾!コンテナハウス&物置の移動にとりかかっていた。

現在住んでる土地にきた時 電気・ガス・水道なんぞもちろん無く ただの原野だった。


当面の生活の為知り合いの大工さんに10畳一間の小屋を作ってもらった。

コンテナハウスを買って家財道具を放り込み3年暮らした。


当時 訳も解らずコンテナハウスや 物置を置いたのでとても使いづらかった。

この春 馬小屋の増築に合わせて思い切って模様替えすることにした。

750kgあるコンテナハウスの下に丸太を敷いて引っ張ってみたらスンナリと動いた。

DSC04758.jpg

ちこ太郎に丸太を動かしてもらい快調に進んで行き仮置き場まで到達。

DSC04760.jpg


今週は物置小屋のトタン壁を外して同じように丸太の上を滑らして移動。

DSC04824_20110524230521.jpg

2人共慣れたものでヘアピンカーブもこなせるようになった。

DSC04827.jpg

所定の位置に据え付けて壁を張って休日初日は終わってしまった。

3頭のやじうまが作業を見守る。

DSC04832.jpg

今日も1日中防寒服を着て作業するような気温。


てことは ストーブ前はお馴染みの生き物が占領。

R0010890.jpg

君の体はまったく冷えてないと思うんやけどな~。  ヾ(ーー )


ブログランキングに参加してます。 下のバナーをクリックして応援してや~。
    
                      banner_22.gif ←これやで






コメント
この記事へのコメント
ライフラインも無い原野で、小屋とコンテナハウスだけで3年間も暮らしたとは、まるで100年以上前の北海道開拓時の話のよう・・・
今までの経緯・苦労話で一冊の本が書けそうですね。
かじやんさんのお身体、あちこち悲鳴を上げるのも解りますよ。
まぁブログからも十分、伝わって来てはいますがそんなお二人が
力を合わせて暮らしている姿に共感しています。
これからもファンでいさせて下さい。


2011/05/25(水) 01:59:35 | URL | パゴ #-[ 編集]
えっ? ヘアピンカーブ??
コンテナハウスとももちゃん達とどっちが重いんだっけ?
2011/05/25(水) 08:51:59 | URL | 足袋ネコ #6V87/fGE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。