1991年に大阪から北海道に移住。 2頭の馬と5匹の猫・4羽の烏骨鶏&1羽のチャボと共に 田舎暮らしをしながら   帯広市でお好み焼屋「なんちゃっ亭」を営む夫婦の記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの橋
2011年08月04日 (木) | 編集 |
先日もらってきたリヤカーは牧草を運ぶのに大活躍しているのだが

DSC05133.jpg

牧草を積んで沢の斜面を上り下りするのが大変であった。

本来なら馬がリヤカーを引くのが筋ではないのか・・・


ちこ太郎から「橋作っとくれ」と命令に近い依頼あり。


てことで 草を刈り~の

DSC06754.jpg

近所の馬小屋解体時にもらっていた めっちゃ重い5.4mの梁を2本渡し~の

DSC06756.jpg

これまた解体時にもらっていた厚さ3cmの板材を25枚打ち付けて完成。


ちこ太郎でも楽々沢を渡れるようになった。

DSC06757.jpg

材料費ゼロの橋を購入費ゼロのリヤカーが渡って行く・・・  (^^)v


「父ちゃん グッジョブ!」  

DSC06759-1.jpg

明日また体のアチコチが痛くなるんやろなぁ~  (ノω`*)


やっぱし リヤカーは馬が引くものではないのか?



ブログランキングに参加してます。 下のバナーをクリックして応援してや~。
    
                      banner_22.gif ←これやで



コメント
この記事へのコメント
うんうん、そう思う(笑)
昔、私が子供の頃
田んぼや畑に使う重い肥料を
馬が(サラブレッドの足をちょっと太くしたタイプ)運んでました。
天下の国道を馬がパカパカ歩いていましたよ~
2011/08/04(木) 08:20:01 | URL | 足袋ネコ #6V87/fGE[ 編集]
かじやんさん良くあの重そうな梁を渡しましたね。
当分壊れそうにない出来上がりですね。
お体ご自愛ください。
働きすぎではと思うのですがきっとかじやんさんは体を動かすことが苦にならないのでしょうね。
2011/08/04(木) 09:07:20 | URL | ふじこ #-[ 編集]
かじやんさんは、そんな格好して草むらに入って蚊に刺されたりしないのですか?私はそんな草だらけの場所に行ったら絶対に蚊にさされるのですが。
ああ、その無防備な首筋や腕に・・・ぷ~ん・・・と今にも寄ってきそう。
2011/08/05(金) 00:54:55 | URL | ururu #-[ 編集]
すごいです
すごいです。
立派な橋に、なりましたね。
2011/08/05(金) 08:39:39 | URL | しゅうママ #-[ 編集]
このブログを見始めてから、なんで馬にやらせてあげないのか、すごく不思議でした。
馬の運動にもなるし、ただ飼っているよりも、お互いに助け合えてメリットがあると思うのですが。
うちの方ではいまだに荷馬車を引いた馬が普通に道を通ります。
2012/11/08(木) 02:36:36 | URL | ミユ #o/PXu/q6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。